消費者金融のキャッシングは1万円からの少額融資が可能な業者を選ぼう

現金が必要、お金を借りたいと思う理由は人それぞれに違っています。 また、必要な金額も場合によって大きく違うでしょう。 モビット、アコム、プロミスなどの消費者金融カードローンのキャッシングで少額の現金を借りようと思う時、10万円単位でしか借りられない業者だと、不便を感じるものです。 また、審査についても気になるところです。 例えば1万だけを借入したいのに、最低10万からの融資しか利用出来ない業者だと、1万に対する利息を払わなければならなくなるので、大目に利息を支払う事になりかねません。 そこで、モビットなどの少ない金額の少額だけでも利用出来る消費者金融を契約する事で、利息の支払の少ない少額借入を実現する事が出来る様になります。 5万以下の少額お金を借りることが可能な業者として、先ずプロミスが挙げられます。 この業者は最高金利が17.8%なので、少額だけお金を借りる際でも比較的低めの金利で融資を受ける事が可能です。 この他、アコムやモビットのカードローンも同様に5万以下の少額融資が利用出来る業者となっています。 では今度は、10万の借入を行った場合と、1万の借入を行った際の利息の違いを見てみましょう。 10万を18%の金利で借りて、1ヶ月で返済したとすれば、利息の支払は1479円です。 後者で同じ計算をすると、約148円が利息となります。 通常10万以下の借入は最高金利が適応されるので、多くの消費者金融で、この計算結果に近い金額の利息を支払う事になると考えて間違いはありません。 また、この支払計算はあくまで1ヶ月で完済した場合のもので、支払期間が長くなる程に、金利の支払も多くなります。 こうした事から、モビット、アコム、プロミスなどのカードローンキャッシングを利用し、お金借りたい際は、より少額からの融資が可能な業者で借りた方が、利息の支払を安く出来ると言えるのです。


不動産を担保にしたローンなら、金利が低く有利に借りられます。

不動産のローンと言えば、土地や建物を担保にして受ける事が出来る融資の事です。 通常、お金を借りるには返済能力が審査され、安定した収入が有るかなどが審査基準になりますが、担保を付ければ、その価値によって返済能力有りと認められます。 担保を付けていれば、万が一返済不能になったとしても処分して貸し付け金を回収する事が出来るので、価値の有る土地や建物などを担保に付ければ審査が通りやすくなります。 自営業などで安定した収入が難しい場合などでも、土地や建物を担保に付ければ、他に大きな問題が無い限りは審査は通ります。 金融機関としては返済さえしてもらえれば金利で利益を得る事が出来るので、確実な担保を付けてもらえるなら喜んでお金を借りれるのです。 上記の通り、土地や建物などを担保にした場合、それが返済能力の証になり確実に回収出来る為、通常よりも低い金利でお金借りることができます。 通常は法的に許される上限一杯の金利が付く物が多いですが、土地や建物を担保にしたローンの場合は金利が低いので、担保になる土地や建物を持っていて、確実に返済する目安が有る場合はこれを利用しない手は有りません。 返済不能に陥れば土地や建物を処分されるリスクも有りますが、逆に言えば最悪の状況になったとしても担保を失うだけで済みます。 返済さえきちんと行えば、低い金利で有利にお金借りるので、不動産ローンのように上手に利用した融資を活用出来るか否かで、資金繰りは大きく違ってきます。

Copyright(c) 2016 モビット申し込み.jp Inc. All Rights Reserved.